サイトトップ > どん底こそチャンス

どん底こそチャンス

立ち止まって考えるいい機会です

どうして自分だけこんなについていないんだろう。そう思うことがありませんか。仕事で上司が変わって、今までやってきたやり方をことごとく否定して、自分の能力不足を毎日指摘される。こうなるとストレスで疲れてしまい、私の場合だと円形脱毛症になってしまいました。まさにこれこそが大きな転機だったのです。

定年まではこの会社で勤め上げようと、なんの不思議もなく思っていただけに、会社勤め以外の人生をみつけるのもいいかもといういう考えをするようになりました。前向きにスキルアップするための勉強を始めたのもこの時からです。

人は何かにぶつからないと、立ち止まって考えるようなことはしません
困ったことや、嫌なこと、「なんでこんなことが起こるんだろう」と思うことなど、これらは「今までの考えを見直してみなさい」そして「新しい考えを受け入れなさい」というシグナルでもあるのです。こうして、困ったことや、嫌なことにぶつかればぶつかるほど、新たな自分を見出していけるのです。

トイレから金運を呼び込む風水画


苦しい時ほど飛躍するチャンスです

苦しいと思っている間は、あまりそう思えるだけの余裕はありません。しかしこれこそが、自分を試されている試練でもあるのです。けしてあなたを潰すことが目的ではないのです。
どん底の時やピンチの時こそ、自分の新たな力がわいてきて、周りの人との関係が深くなり、新しい道が開ける機会でもあるのです。

大きく跳ぶ前には、大きくしゃがまなくてはならない!

苦しいときこそ、自分を見つめ直すときでもあります。自分の力を尽くせば、必ず大きくジャンプできるのです。自分が飛躍するチャンスはどん底のときにこそあるのです。

玄関から運を呼び込む


どん底情報

 

幸運を招く 風水 金運